ベラ・ハディッド、ライム病に梃子摺るこの4年間

Posted by hlywdfile on 05.2016
bella-hadid-face.jpg


19歳のモデル、ベラ・ハディッドが
ライフスタイル誌ES(イブニング・スタンダード誌)の
取材でライム病との闘病について語った。

病原体ボレリアを保菌するマダニが
媒介のライム病は、紅斑やリンパ節の腫脹、
流行性感冒に似た症状他を伴う感染症で、早期治療
を逃すと何年も関節痛や認識機能障害ほかの
慢性症状に導かれ易い。

昨年モデル界に

bellahadid-nightout.jpg

デビューしたベラは、

母や弟と共に2012年に診断された
ライム病がもとで、日に通常12ショーをこなす
モデル達に比較して、当初は1~2回の
ショーのみだったらしい。

診断で落ち込んだ当初、飲酒も少々
絡んだ運転で車両事故を起こしたベラは、
記憶障害の為にマリブから自宅のあるサンタモニカ
への道を突如思い出せなかったという。

そのライム病が

hadid-sis.jpg

馬からの感染と診断されたベラは、

目指していたオリンピック馬術競技の
夢を断念し、世話が無理に成った自馬を
手放すばかりか、脊椎痛で馬術は
危険だと忠告された。

ライフスタイルは深夜までの
パーティ回避、もっぱらモデリングに集中し、
思考も霞み掛かる時があるとのベラ・ハディッド...

涙で語るアブリル・ラヴィーンとライム病


最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

Copyright © ハリウッドセレブのゴシップ、海外芸能ニュース All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary