アンジェリーナ・ジョリーとマドックス養子手続きのスキャンダル

Posted by hlywdfile on 23.2017
angelinajolie-LAX-2017March.jpg


英国から帰宅したアンジェリーナ・ジョリー一家
ロス国際空港でまたもやスポットされた。

野球帽にフッド被って下を向いて歩く
10歳のシャイロだったようで、

ボディ・ジェスチャーから判断して、

angelinajolie-LAX-2017_March.jpg

母親の離婚申請以来、

パパラッチが苦手なばかりか、父親がいない
寂しさで、気持ちが落ち着かない次女..かも知れない...

アンジーには今週、

knox-jolie-pitt2017March.jpg

機内の父子対立が離婚申請の

契機ともなったその長男マドックス(15)に
関するスキャンダルが浮上。

カンボジアの

cambodia-aidworker.jpg

救援活動従事者サラ氏(51)は、

2003年にジョリーが養子の
名前変更を要請した為、子供の父親と
称してマドックスの養子手続きを促進させた
事実を打ち明けた。

養子後のジョリー側にその修正が後に
予定されていたが、兆候が全く無かった為に、
氏は現在でも法的にはマドックスの委任者であるという。

マドック養子手続き終了の当時、

angie_maddox_Cambodia.jpg

米国は児童売買阻止の為に

カンボジアとの養子手続きに
厳重規制を課したばかりか、アンジーの
米エージェントともなると、その両国間の養子手続きに
於ける子供達の名前や生年月日、誕生地の書類偽造罪で
18ヶ月の禁固刑に処されていたことも判明した。

多分、当時の手続きスピートアップの背景に
認識がなかったのではないかと報告される現離婚中
の米女優には、処置を要される新しい課題が
つきまとってはいそう。

現在、プロの援助で彫刻を手掛けている
ブラッド・ピットの方は、つい最近から弁護士や
第三者を介さず、アンジーと自由に会話が出来る
状況に置かれて喜んでいるという。


最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

Copyright © ハリウッドセレブ:ハリウッドゴシップと海外芸能ニュース All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary