ロビン・ウィリアムズ、遺書で禁止のジーニー

Posted by hlywdfile on 12.2015
robinwilliams-susan-couple.jpg


アニメ映画「アラジン」の続編を考慮していたディズニー社が、
ロビン・ウィリアムズの遺書でその企画に留めを刺されていたことが判明。
ディズニー元重役がタイムス・オブ・ロンドンへ今週伝えた処によると、
ウィリアムズが1992年の「アラジン」で声優担当のジーニーでは
未使用の録画が当時多大に残ったらしいが、

その収録内容では

aladdin-genie.jpg

故人の名前やパーフォーマンス、声などを

死後25年間は使用禁止するとの条項が
遺書に含まれていた為、ファイナル・カットの
続編で使用し易いこれらマテリアルは
この先も貯蔵所に収容される。

遺書内容は、死後の利益で
罰則的税金を遺族が課せられないよう
故人が配慮したものではないかと報告される。

モーターマウスとも呼ばれ、

robin-robin-williams.jpg

1分間にジョークを30も飛ばせられたsurprise.gif

天才に近い喜劇俳優だったロビン・ウィリアムズは、
昨年8月に自ら命を絶って、世界中の
フアンを衝撃と涙へ誘った。

63歳で導かれたその自殺だが..
先週のTV取材で明かした未亡人によると、
診断されていた早期パーキンソン病の脳内合併症
でもある検視結果で判断されたレビー小体型認知症が
大きなファクターだったとし、報道されてもいた鬱病に
動機付けられたものではないという。


最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

Copyright © ハリウッドセレブ:ハリウッドゴシップと海外芸能ニュース All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary