破壊的なチャーリー・シーンが極秘エイズの告白

Posted by hlywdfile on 18.2015
charlie-sheen.jpg


マーティン・シーンの末っ子で
米俳優のチャーリー・シーン(50)が、
2011年にHIV-ポジティブを診断されていた。SADSAD.gif

上写真のモーニングショー録画に続く
本日の公開書簡に於ける告白に寄ると(要約)、
チャーリー・シーンは

charlie-sheen-TVguest.jpg

4年前に3日間襲われた

偏頭痛で様々な検査を受けた際に
衝撃のHIV-ポジティブを診断され、悪夢ごとき
混乱や後悔、罪の意識に当初は苛まれ通しの末、
飲酒とドラッグに溺れたという。

また、その暴露の

charlie-sheen-tabloid.jpg

脅迫を周囲から受けながら、

秘密封じの為に
莫大な金額も払わされたとし、SADSAD.gif

今回の告白を機に、パーティー時代
を後にした自分は、周囲への奉仕に携わり、
慈善活動を控える自由な身を
認識していると伝え、

「プレッシャーに直面させられ、

sheen-tvshow.jpg

すべきことには最善で服しました、

今は、勇気、そして品位と抱き合っています」と、
アーネスト・ヘミングウェイの格言
「COURAGE IS GRACE UNDER PRESSURE」
(勇気とは、窮地下での品位)で閉じた。

前妻3人の2人と

hiv-positive-sheen.jpg

子供4人をもうけ、

前恋人との間には31歳の子女と
2歳の孫もいるチャーリー・シーンは、
過去にポルノ女優数人との関係や売春クラブ
のクライアントとしてもスキャンダルに巻かれた
バッド・ボーイのセックスイメージほか、

長年の飲酒かつ

sheen-balcony.jpg

薬物依存症によるリハビリや

健康問題、及び、不法の暴れん坊で
悪名をも通して来た破壊的なハリウッドセレブ。

2011年には、人気シットコム番組の
クリエイターに対する侮辱的発言やギャラ増し
の要求で主演を降ろされるなど、当時は米TV界で
最高所得の派閥を効かせていた男優
から陥落もしたチャーリー...
双極性障害で噂の高い人物でもある。

セックスでのプロテクションは常に心掛け、
(病気を伝えた2人の女性以外)他に感染させた
可能性はあり得ないとのシーン、

2009年のクリスマスに

brook-mueller.jpg

その夫より暴力を受け、

同じく薬物乱用の酷かった
3人目の元妻で女優のブルック・ミューラー
(2011年離婚)は、昨今、診断された眼病が、
エイズ感染による合併症ではないかとの
戦慄が走った後、検査結果で
安堵もさせられたという!

下の過去写真で

richards-mueller.jpg

そのブルックと同伴の女優

ドゥニース・リチャーズは、前夫シーンの
治療を知っていたという。

エイズの寛解症状に置かれているも、
「遺憾ながら、自身や、エイズ・フリーのその家族達
が背負うチャレンジを将来は克服せねば
ならない」とのチャーリー・シーン...

急激な変化を受けた予期せぬ人生に、
今後も対処の身。

女性陣からの告訴も絡みそうか...

お大事に。


最新記事

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

Copyright © ハリウッドセレブのゴシップ、海外芸能ニュース All Rights Reserved.
Template by:MysticDiary